組織再編

[大平税理士事務所]ホーム > 組織再編 > 株式交換・株式移転

株式交換・株式移転

持株会社を設立することにより、そのグループ全体を管理統制できる体制を有効に整備することができます。その際に行われる株式の交換・移転ですが、交換と移転の違いはどこにあるかと言うと、親会社が既存か新設かによります。


株式交換

既に存在している会社を完全親会社とする際に行う


株式移転

新たに完全親会社を設立する際に行う


株式交換の対価は、旧商法では買い手企業の株式に限定されていましたが、新会社法では、現金、社債、新株予約券等の交付が可能となるなどの柔軟化がなされました。これにより、これまでは完全子会社になるしかなかった売り手企業の自由度が増し、また完全親会社としても株式交換後の株主を選別することが可能になるなどしました。


株式交換・株式移転のメリット/デメリット

メリット

  • 持株会社化しやすい
  • 事業の多角化・拡大化、ブランド化
  • 独立採算制のもと、営業に特化できる
  • 買い手企業の買収後の価値上昇による利益を享受できることがある
  • キャッシュを必要としない

デメリット

  • 煩雑な手続き
  • 買収後の買い手企業の価値変動リスクを負担する可能性がある


お問い合わせ・提案書(無料)のお申込みはこちら:お問い合わせ・提案書送付