組織再編

[大平税理士事務所]ホーム > 組織再編 > 事業譲渡

事業譲渡

中小企業のM&Aにおいては、株式譲渡に次いで多く利用されているのが事業譲渡です。会社の事業部門や会社資産の一部、又は全部を譲渡する手法で、譲渡したい資産・事業のみを切り離すことができるものです。
しかし、資産の売却等により、法人税や消費税の課税がされます。そのため、場合によっては合併や会社分割という手法を選択したほうが節税効果が大きいことがあります。ケースによって最適な組織再編方法が異なりますので、詳しくはご相談ください。

 

事業譲渡のメリット・デメリット

事業譲渡のメリット

  • 譲渡したい資産・事業のみを切り離すことができる(売り手)
  • 不要な資産、偶発債務、簿外債務の引継ぎを回避できる(買い手)
  • のれんや引継ぎ資産の償却による節税効果がある(買い手)

事業譲渡のデメリット

  • 法人税・消費税が課税される