事業承継

[大平税理士事務所]ホーム > 事業承継 > 事業承継対策

事業承継対策

オーナー様
後継者様
事業の承継は進んでいますか?

相続が発生してからではもう遅いということがあります。事前の対策を!

社長のお悩みは何でしょうか?

  • 自社株式の価値ってどれくらい?
  • 将来の相続税額は?
  • 納税資金が確保できるか心配だ。
  • 後継者がいないので会社を売却しようか?
  • 息子が二人いる場合どちらに継がせようか?

事業承継や相続はご自身だけでなくご親族や会社にも関わる大変重要なイベントです。と同時にセンシティブな問題でもあります。事業承継や相続の対策を事前に行うか否かにより税額が大きく異なることがあります。
事業承継は、オーナー親族のみに関わる問題ではありません。自社株式の評価を下げる事だけを主眼におくことで行った組織再編が会社を傾けることもあります。 また、納税資金を確保できなければ会社運営にも支障をきたします。

暦年贈与や相続時精算課税制度を活用した生前贈与、事業承継税制や経営承継円滑化法を活用した相続・贈与などにより、お客様(個人と会社)に最適な節税対策を提案し、お客様と一緒にお悩みを解消していきます。


自社株式の価値ってどれくらい?  将来の相続税額は?

  • 自社株の評価額試算、相続税シミュレーションなどの実施
  • 生前贈与、株式譲渡、会社分割・合併、事業譲渡、退職金支給などによる自社株対策・相続税対策の実施

納税資金が確保できるか心配だ。

  • 金庫株・生命保険の活用による納税資金確保
  • 金融機関などのご紹介
  • 政府系金融機関からの事業承継に係る制度融資の活用

後継者がいないので会社を売却しようか?

  • M&A
  • 売却先の選定

M&Aの進め方がわからない

  • 会社法・税務・会計・労務・経理・システムとあらゆる面でのコンサルテーション、財務調査、株価算定など

息子が二人いる場合どちらに継がせようか? 「経営権(株式)の分割を避けたい」「分割した株式を集中させたい」

  • 会社法に基づく種類株、譲渡制限と売渡制限、株式買取制度の活用による経営権の維持

お申込み手順

1. お申込み

下記のフリーダイヤルもしくはお問合せフォームにてお申し込みください。相談日を調整します。

2. 無料相談

お申し込み頂きましたら、お客様にお会いし、お客様の会社の状況、財産の概要などをお聞きしたうえで、「自社株式評価シミュレーション」・「相続税シミュレーション」の報酬のお見積りをご提示させて頂きます。この最初のご相談は無料です。

3. 相続シミュレーション

お見積り内容にてご了承いただけましたら、シミュレーションに関する必要資料をご用意いただき、シミュレーションを行います。現時点での株価・相続税額を算出し、現状の分析及び今後の課題をご報告いたします。

4. 自社株式評価・相続税額の引下げ対応策の提案

シミュレーションの結果把握された課題に対して、様々な制度を活用し貴社・貴殿に最適な対応策を提案します。
合わせて対策実行にかかる報酬のお見積りをご提示させて頂きます。

5. 対応策の実行

お見積り内容にてご了承いただけましたら、具体的に解決策を実行していきます。

6. 実行後のサポート

対策実行後も、シミュレーションの改定報告や新制度・税制への対応など、継続的にサポートさせて頂きます。


お問い合わせ・無料相談のお申込みはこちら:お問い合わせ・提案書送付